戻る

javascript練習の記録

エデラヘヴァ暦変換

アギフ建国の日を0,0,0,0とします。
注意1: 1日は10時間です。
注意2: 1年は2000日です。
注意3: 1回は5年です。
注意4: 1帰は100回です。
注意総括: つまり、各ケタの上限は、回、年、日の順に、99、4、1999となります。
手入力する場合はご注意ください。

コード

//関数ederaheva()を定義。スタートボタンのonClickで開始。
          function ederaheva() {

//帰をreverse、回をround、年をyear、日をdayと定義し、HTMLのinputに入力された値をそれぞれ取得し各変数に代入する。
          const reverse = document.getElementById("reverse");
          const round = document.getElementById("round");
          const year = document.getElementById("year");
          const day = document.getElementById("day");

//先程取得した値を新たに○○Valueという変数に代入。後で可否判定に使う。
          const reverseValue = reverse.value;
          const roundValue = round.value;
          const yearValue = year.value;
          const dayValue = day.value;

//確認用にコンソールに出力
          console.log(reverseValue, roundValue, yearValue, dayValue);

//submitTrueを定義。取得した値の可否判定を行う。
          var submitTrue;

//roundValueの値が99より大きい場合、受け付けない。
          if (roundValue > 99) {
            submitTrue = false;
          }

//yearValueの値が4より大きい場合、受け付けない。
          if (yearValue > 4) {
            submitTrue = false;
          }

//dayValueの値が1999より大きい場合、受け付けない。
          if (dayValue > 1999) {
            submitTrue = false;
          }

//ひとつでも受け付けない値があった場合、エラーメッセージを出す。
//正しい結果を表示していた場合、エラーメッセージ以外を消す。
          if (submitTrue == false) {
            document.getElementById("output1").innerHTML = "正しい範囲の数値を入力してください。";
            document.getElementById("output2").innerHTML = null;
            document.getElementById("output3").innerHTML = null;
            document.getElementById("output4").innerHTML = null;
            return false;
          }

//output1という配列に各値を代入。そのまま表示。
          let output1 = [reverseValue, roundValue, yearValue, dayValue];
          document.getElementById("output1").innerHTML =
          "エデラヘヴァ暦の読み:" + output1[0] + "帰" + output1[1] + "回" + output1[2] + "年" + output1[3] + "日";

//output2という配列に各値を代入。帰、回、年を日に換算し、各値をコンソールに出す。
//output2[3]でマイナス0をするのは、データの型を数字にするため。
          let output2 = [reverseValue, roundValue, yearValue, dayValue];
          output2[0] = output2[0] * 2000 * 5 * 100;
          output2[1] = output2[1] * 2000 * 5;
          output2[2] = output2[2] * 2000;
          output2[3] = output2[3] - 0;
          console.log(output2[0], output2[1], output2[2], output2[3]);

//計算された各値を合計し、output2に代入。
          output2 = output2[0] + output2[1] + output2[2] + output2[3]

//output3にoutput2を代入。コンソールに出力し、値とそのデータ型の違いを確認。
          let output3 = output2;
          console.log(output2, typeof output2);
          console.log(output3, typeof output3);

//1年を365日としてoutput3を割る。コンソールで計算結果を確認。
//さらにMath.round()を使って四捨五入し、コンソールに出力。
          output3 = output3 / 365;
          console.log(output3);
          output3 = Math.round(output3);
          console.log(output3);

//output4に取得した各値を代入。各値を年に換算し、合計する。dayValueは無視。
//output2[3]と同様の理由でマイナス0をする。
          let output4 = [reverseValue, roundValue, yearValue, dayValue];
          output4[0] = output4[0] * 5 * 100;
          output4[1] = output4[1] * 5;
          output4[2] = output4[2] - 0;
          output4 = output4[0] + output4[1] + output4[2];

//output2、output3、output4を表示。
          document.getElementById("output2").innerHTML = "エデラヘヴァ暦で" + output2 + "日";
          document.getElementById("output3").innerHTML = "1年を365日とすると、約" + output3 + "年";
          document.getElementById("output4").innerHTML = "エデラヘヴァ暦で" + output4 + "年";

          }

php練習の記録

計算してみる1

国語:120、数学:130、英語:140、政経:59、化学:77
3教科合計:390
3教科平均:130
5教科合計:526

計算してみる2

$a = 0;
$b = 0;
$c = $a++;
$d = ++$b;

$a=1, $b=1, $c=0, $d=1

計算&whileしてみる3

2の0乗から10乗まで
1
2
4
8
16
32
64
128
256
512
1024

ifしてみる1

0-99の乱数生成、偶数奇数判定
46、偶数でした

いろいろ表示してみる

Array
Array
Array
Array
Array
Array

Array
Array





70414

9223372036854775807
-9223372036854775808
Linux
1


1
4
351
/home/r6939096/public_html/tsmr.info/practice.php
/home/r6939096/public_html/tsmr.info




コード

echo $GLOBALS;
echo $_SERVER;
echo $_GET;
echo $_POST;
echo $_FILES;
echo $_REQUEST;
echo $_SESSION;
echo $_ENV;
echo $_COOKIE;
echo $php_errormsg;
echo $HTTP_RAW_POST_DATA;
echo $http_response_header;
echo $argc;
echo $argv;
echo PHP_VERSION_ID;
echo PHP_EOL;
echo PHP_INT_MAX;
echo PHP_INT_MIN;
echo PHP_OS;
echo true;
echo false;
echo null;
echo E_ERROR;
echo E_PARSE;
echo __LINE__;
echo __FILE__;
echo __DIR__;
echo __FUNCTION__;
echo __CLASS__;
echo __TRAIT__;
echo __METHOD__;
echo __NAMESPACE__;

比較してみる

bool(false)
bool(true)
bool(false)
bool(true)
bool(false)
bool(true)
bool(false)
bool(true)
int(-1)
int(1)

コード

$a = 1;
$b = 2;
$msg1 = ($a>$b);
$msg2 = ($a<$b);
$msg3 = ($a>=$b);
$msg4 = ($a<=$b);
$msg5 = ($a==$b);
$msg6 = ($a!=$b);
$msg7 = ($a===$b);
$msg8 = ($a!==$b);
$msg9 = ($a<=>$b);
$msg10 = ($a??$b);
var_dump($msg1);
var_dump($msg2);
var_dump($msg3);
var_dump($msg4);
var_dump($msg5);
var_dump($msg6);
var_dump($msg7);
var_dump($msg8);
var_dump($msg9);
var_dump($msg10);

比較してみる2

bool(false)
bool(true)
bool(true)
bool(true)
bool(true)
bool(false)
bool(true)

コード

$a = TRUE;
$b = FALSE;
$msg1 = $a && $b;
$msg2 = $a and $b;
$msg3 = $a || $b;
$msg4 = $a or $b;
$msg5 = $a xor $b;
$msg6 = !$a;
$msg7 = !$b;
var_dump($msg1);
var_dump($msg2);
var_dump($msg3);
var_dump($msg4);
var_dump($msg5);
var_dump($msg6);
var_dump($msg7);

php&mysql練習の記録

接続してみる

Connected!

データベースからデータを取り出してみる

idmusic-titlejp-music-titleyear-of-releaseloopablesoundfont
75 Ending エンディング 2019 no VintageDreamsWaves v2.0
76 Castle 2019 no VintageDreamsWaves v2.0
77 Village 2019 no VintageDreamsWaves v2.0
78 Ending エンディング 2020 no FreeFont
79 Folky フォーキー 2020 no FreeFont
80 Insect Girl's Theme 蟲女のテーマ 2020 yes 027.3mg Symphony Hall
81 Rock 'n' Roll ロックンロール 2020 no FreeFont
82 Strange Park's Theme おかしな公園のテーマ 2020 yes 027.3mg Symphony Hall
83 Rainy Day3 雨の日3 2020 yes 027.3mg Symphony Hall
84 Rainy Day2 雨の日2 2020 yes 027.3mg Symphony Hall
85 Rainy Day1 雨の日1 2020 yes 027.3mg Symphony Hall
97 Intro1 宇宙からの侵略者! 2021 no 8Rock11e
98 Traditional1 伝統系1 2021 yes DSK Asian DreamZ
99 Tansaku1 探索1 2021 yes 8Rock11e